ダイヤモンドの国際基準「4C」

INDEX

  1. 1. 4Cとはダイヤモンドを評価するための国際基準
  2. 2. カラット(Carat)
  3. 3. カラー(Color)
  4. 4. クラリティ(Clarity)
  5. 5. カット(Cut)
  6. 6. ダイヤモンドの価値は4Cのトータル評価で決まる

ダイヤモンドに関心がある方なら、「4C」について耳にしたことがあるのではないでしょうか。4Cはダイヤモンドの評価基準であり、現在ダイヤモンドの鑑定書にはこの4Cを記載するのが決まりとなっています。ですが、ひとつひとつのCが何を表しているのかよくわからないという方も少なくないでしょう。
そこで今回は、ダイヤモンドの4Cについて解説していきます。

4Cとはダイヤモンドを評価するための国際基準

「4C」とは、ダイヤモンドを評価する国際基準のことです。
考案したのは米国宝石学会の創設者であるロバート・M・シプリーで、ファセットカットされたダイヤモンドの特徴を表す以下の4つの要因を学生が覚えやすくするよう発案されたのが始まりといわれています。

以下でそれぞれのCについてみていきましょう。

カラット(Carat) 重さ
カラー(Color)
クラリティ(Clarity) 透明度
カット(Cut) 研磨

カラット(Carat)

ダイヤモンドの重さの基準であるカラット(carat)は、1カラットにつき200mg(0.2g)と定義されています。
ダイヤモンドは大きなものほど希少価値が高いため、他のCの条件が同等である場合、カラットが多いほど高く評価されます。
逆に、いくらカラットが多くても、他のCの評価が低い場合、小さなダイヤより低く評価されてしまうこともあります。

カラー(Color)

カラー(color)、すなわち色の評価は最高ランクであるDからZまでの23段階にわかれており、マスターストーンと呼ばれる無色の基準石をもとに判定されます。
それぞれのランクの色の目安は表の通りとなります。

ダイヤモンドは不純物を含まず、かつ構造上完璧なものほど色味が出ず、無色透明になります。一方、窒素などの不純物を含むダイヤモンドは黄味または褐色がかっています。

不純物の量などによって濃度は異なりますが、黄みがかったダイヤ(イエローダイヤ)は産出量が多いため、一般的に無色透明なダイヤより評価が低くなります。
ただし、イエローでも鮮やかな発色をもつカナリーイエローや、ピンクまたはブルーといっためずらしいカラーのダイヤモンドは、無色のホワイトダイヤより高く評価されることもあります。

D~F 無色透明
G~J ほぼ無色
K~M かすかな黄色
N~R とても薄い黄色
S~Z 薄い黄色

クラリティ(Clarity)

クラリティ(clarity)は、ダイヤモンドの透明度を表します。
ダイヤモンドは熱や地球深部の圧力などにさらされて誕生するものですが、その過程でインクルージョンと呼ばれる内包物や、ブレミッシュと呼ばれる外的要因(傷など)が出てくることがあります。これらはダイヤモンドの外観に大きな影響を与えるため、少なければ少ないほど透明度が高く、価値のあるダイヤとみなされます。

クラリティは6段階にわかれていますが、そのうちいくつかはさらに細分化されているため、全部で以下のような11のランクに分類されます。

フローレス(FL)
10倍の倍率で見てもインクルージョンやブレミッシュが見られないもの。最高ランク。
インターナリーフローレス(FL)
10倍の倍率で見たとき、インクルージョンが見られないもの。
ベリーベリースライトリーインクルーデッド(VVS1、VVS2)
熟練のグレーダーが10倍の倍率で見たとき、インクルージョンがわずかにしか見えないもの。
ベリースライトリーインクルーデッド(VS1、VS2)
10倍の倍率で見た時、なんとかインクルージョンを確認できるもの。
スライトリーインクルーデッド(Sl1、Sl2)
10倍の倍率で見た時、インクルージョンが確認できるもの。
インクルーデッド(I1、I2、I3)
10倍の倍率で見た時、インクルージョンが簡単に確認できるもの。

カット(Cut)

他のCは原石の時からすでに評価が決まっていますが、唯一カット(cut)だけはダイヤモンドの研磨職人の技術を評価するものです。
カットについては丸形かつ58面体に研磨されたラウンド・ブリリアントカットのみ評価の対象となり、プロポーション(形)とフィニッシュ(仕上げ)によってグレードが決まります。

評価の際はダイヤモンドから反射される内外部の白色光や、虹色の光(ファイヤー)、ダイヤモンドの光のきらめき(シンチレーション)といった視覚効果が生み出されているかどうかが判断材料となります。

グレードは最高ランクのExcellent(EX)以下、VERYGOOD(VG)、GOOD(G)、FAIR(F)、POOR(P)の5段階にわかれています。

ダイヤモンドカット図
ダイヤモンドの理想のプロポーション

ダイヤモンドの価値は4Cのトータル評価で決まる

ダイヤモンドは大きければ大きいほど価値が高いと思われがちですが、実際は4Cのトータル評価によって価値が左右されます。
色、透明度、重さの3要素がそろった天然ダイヤモンドが採掘されること自体まれですが、さらに熟練の研磨職人が高い技術を駆使してカットすることが重要なポイントとなります。

ダイヤモンドを選ぶ際はぜひ4Cをチェックし、そのダイヤにどんな評価が下されているのかよく確認してから購入を検討するようにしましょう。